来院犬紹介シリーズ5

足を上げたり跛行が気になると、6歳の時に初来院。全身の硬直が著しく、股関節の可動域が極端に狭かったことからX線写真を拝見したところ、既に骨の変形が始まっていました。「足に負担がかからない範囲で一緒に楽しめるものをできれば続けたい」という飼い主さんの切実な思いもあって、取り組んでいた競技を1つに絞り、飼い主さんご自身によるセルフケアも含めると、練習の倍以上の時間をケアに費やして来ました。現在は当院でケア技術を学んだ修了生がケアを担当。その結果、症状を悪化させることもなく、年々パフォーマンスも上がり、なんと、11歳にしてエクストリームの予選を勝ち抜き、全国決勝へ! そして、12歳の今年、M嬢史上もっとも速いタイムを記録し続けています。継続は力なり。飼い主さんの努力と深い愛情に脱帽です。
まな
スポンサーサイト
プロフィール

すーちゃん

Author:すーちゃん
さまざまな経験を経て、愛犬ボーダーコリーの股関節疾患(?)騒動が、犬のボディケアサロン犬護舎開院(埼玉県)のきっかけとなりました。愛犬は、15歳のボーダーコリーCHARAと12歳のクリームヒーラー(?ホントはMIX・笑)HAL9000です。白黒ボーダーHAYATEについては下記をご覧ください。新入りはMプードルのHUEHUE3歳、一緒にアジとオビを楽しんでいます。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

2008年11月18日付
dogmark.netへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター