地震の影響?

首都圏のガソリン事情もやっと落ち着き、
犬護舎本院にもワンコたちが
来院するようになってきました。
キャンセルのお電話をいただいた際に、
「また状況が落ち着いたらご来院くださいね」
と申し上げていましたが、
こんなに早く皆さんの顔を見られるようになって、
嬉しい限りです。

しかしながら、
刻一刻と原発状況が悪化しているように
私には思えて、気が重い日々です。
ここは犬のケアのブログなので、
場違いな発言はしないように…と
ある程度の自主規制はしていたのですが、
どうにも我慢ができずに書かせていただきます。
この手の話を読みたくない方は、
以下飛ばしてください。
一番下↓のパラグラフは、
またワンコ記事に戻りますので。

いろいろな方と今の状況について
世間話程度にお話しましたが、
皆さん、今のこの状況を絶対に
楽観視しないでくださいね。
パニックを引き起こそうと
思っているわけでは決してありませんが、
電力会社や政府からの情報は
必ずしも正しくないと私は思っています。
テレビは重要な報道が少な過ぎます。
ラジオはまだまだマシだと思いますが、
音声による情報は、
聞き手が「受け身」にならざるを得ないため、
やはり限界があるように感じます。
新聞はそれに比べて情報量は多いですが、
それでも重要なことがさらりと
何気なく書かれていたりして
思わず何行か前に戻って読み直して、
鳥肌が立つような恐怖感を覚えることも
多くなってきました。
でも、多少なりとも原子力発電についての知識がないと、
それらも何のことか、何が重要なのか
なぜそうなのかが、理解できないままでしょう。
本来ならそれを正しく解説すべき立場の人が
実は原子力発電推進派ばかりだという
今の日本の報道には、とても疑問が残ります。
ヤバい話はするハズないですもん(怒)!
事態はきっと私たちが知らされているよりも
もっとずっと深刻です。

この期に及んで、まだ原発は安全だとか
原発をとめる必要はないとか、
まだ直ちに人体に影響を及ぼす程度ではない
などと声高にいう人々には、
ぜひ、現地に行って、
屋内退避(=自主避難)地区に残らざるを得ない事情の人々に
生活物資を配達してまわるボランティアをするなど
態度で示して欲しいです。
今すぐ行ってください、お願いしますよ!
原発から10km圏内で見つかった
震災被害者のご遺体から出る放射線量が高すぎて
収容や埋葬ができないそうです。
搬送者に危険が及ぶ上、搬送先での被爆が懸念され
ご遺族にご遺体が戻せないんですよ。
収容袋に入れたまま現地に置き去りだそうです…。
こんなひどいことってありますか?

もう原発の安全神話は完全に崩壊しました。
日本中の原発は今すぐ止めて欲しい!
そう叫びたいです。
しかし、今や原子力発電は一大産業であり、
原子力発電から撤退せよと言ったとしても、
現実には仕事を奪われてしまう人も
とてもたくさん出ることになります。
そこが、この問題の難しい点でもあります。
でも、今こそ、日本のリーダーには
政治的英断をして欲しいです。

私たちは今どうしたらいいのでしょう?
この問題をどう考えていったらいいのでしょう。
分からないことだらけですが、
とにかくできる範囲で自衛するしかありません。
活性炭が一部の放射能を吸着する
という研究結果があることから、
気休め程度の効果しかないとしても、
水道水は何度も浄水器に通さずにはいられません。
野菜は特に念入りに水洗いし、
手作り酵素液につけてから調理しています。
犬たちは体が小さいですから、
通常は完全手作り食の我が家ですが、
輸入もののフードに変えて様子を見ることにします。
そして、かわいそうだけれども、
排泄以外は、当面屋外には出さないことにしています。
洗濯物も室内干しです。
人間も風の強い日や雨の日の長時間外出は
なるべくしなくて済むように調整しています。
我が家は原発からは200km程度の距離がありますが、
チェルノブイリ原発事故の放射能が
日本にも飛んで来たことを考えれば、
100kmだろうが500kmだろうが、
風向きいかんによっては
当然用心すべきだということは明白です。
ただ、こんな努力でどこまで効果があるのか…と
疑問には思っていますが。

(↓以下、ワンコ記事に戻ります)
こんな風に日々不安に思ったりしている
飼い主の心を敏感に感じてか、
あるいは度重なる余震に反応してか、
犬護舎に来院してくれるワンコさんたちの体に
ある傾向があります。
普段そんなところは滅多に手を入れる必要がないコたちも
体と心の緊張のためか、
とある場所が硬くなってしまっているのです!
ワンコたちもワンコたちなりに、
この震災で不安だったり緊張したりしているんですね。
とある場所とは、ココです。
名刺用ハルのコピー
腱もそうですが、筋肉へのケアも効果的です。
ここが緩むと体全体の力がすーっと抜けるんです。
皆さんも、愛犬の背中を触ってみてください。
もし「あれ、いつもよりも硬いかな?」
と思ったら、ぜひ、
やさしくケアをしてあげてくださいね。
スポンサーサイト
プロフィール

すーちゃん

Author:すーちゃん
さまざまな経験を経て、愛犬ボーダーコリーの股関節疾患(?)騒動が、犬のボディケアサロン犬護舎開院(埼玉県)のきっかけとなりました。愛犬は、15歳のボーダーコリーCHARAと12歳のクリームヒーラー(?ホントはMIX・笑)HAL9000です。白黒ボーダーHAYATEについては下記をご覧ください。新入りはMプードルのHUEHUE3歳、一緒にアジとオビを楽しんでいます。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

2008年11月18日付
dogmark.netへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター