ハヤテminiアルバム4

精神的になかなか立ち直れずにいます。
そんな私が落ち込んでいる間にも、
ハヤテは着実に大きくなっていますね(苦笑)。

ガジガジ350
生活の中では、ガジガジ噛んでいいものと
悪いもの(家具や人間の衣類など)
の区別が大分つくようになってきました。
「ノー」と言えば、すぐに止めます。
人間や姉たちとの遊びに飽きると、
一人でベッドの上などでおもちゃを齧って
おとなしくしていられるようになりました。
ヒジョーに助かっています(笑)。

前脚比べ
体も大分大きくなりました。
前脚の太さがカーラとさほど変わりません!(↑)
カーラは体の割には骨量があるタイプで、
足は太い方なので、
ハヤテはカーラよりも大きくなるのは確実ですね。
因みに、産みの母犬は、
アジリティでミディアムクラスも走れそうな
とても体高の低い小柄なワンコです。

プロの訓練士の方に見ていただいたところ、
ハヤテは精神的には、
非常に早熟なタイプなんだそうです。
一般的に男の子はいつまでも子犬っぽくて…
なんてケースが多いようですが、
「ハヤテは頭の中身はもう成犬並みなので、
 子犬だと思って扱っていると、
 いろいろと不具合が出てきますよ」
とアドバイスを受けました。
ハヤテを迎えたことを契機に、
オビをもう一度イチから勉強しようと思っていたので、
早速簡単なコマンドを入れはじめています。
スワレ、フセ、マテ、タッテ、ハウス、ダセ、
コイ、アップ、ダウン、そして解除のコマンドにも
すばやくきちんと反応します。
ハヤテは物事の理解と習得が非常に速く、
本当~に驚いています。
ってぇことは、悪いこともすぐに覚えますね(苦笑)。
用心、用心……(笑)。

体の成長バランスも意外に良く、
体型が崩れる時期があまりありません。
現在は、少し腰高になって来てしまっています。
と同時に、後ろ足の後方への稼動が悪くなりました。
あわててちょこちょこケアです(苦笑)。
大分足の後方への使いも良くなりました。
体全体の肥厚はすぐに厚くなるので、
こまめなケアは欠かせないタイプかもしれません。
でも、成長に合わせたケアをしているためだと思いますが、
スワレの姿勢や走る姿でブレがなく、
バランスや平行感覚もかなり良く、
子犬特有のいわゆるコケる様子はほとんどありません。

3ショット_2350
と、ここで、悲しいお報せ(?)です。
これまでハヤテを見た多くの方が、
ハヤテのスムースコート疑惑について、
「えー、スムースぢゃないよー」
と否定してくださっていたのですが、
その方々が口を揃えて、
「ハヤテのコート伸びないかもね…」
などと言い始めました(!!きゃ~っ!!)
そして、耳も日々立ち始め、
ついに右耳は全立!!(苦笑)
なんと、私の読み通り、
ハヤテは立ち耳スムースへの道を着実に歩んでおります。
いやはや、どうしたモノか…(苦笑)。
あんなにラフコートタイプが好きだと公言していたのに(涙)。
縁あって来たコがスムースとは…(爆)。
ま、徐々に見慣れるでしょうけど、ね(苦笑)。
スポンサーサイト
プロフィール

すーちゃん

Author:すーちゃん
さまざまな経験を経て、愛犬ボーダーコリーの股関節疾患(?)騒動が、犬のボディケアサロン犬護舎開院(埼玉県)のきっかけとなりました。愛犬は、15歳のボーダーコリーCHARAと12歳のクリームヒーラー(?ホントはMIX・笑)HAL9000です。白黒ボーダーHAYATEについては下記をご覧ください。新入りはMプードルのHUEHUE3歳、一緒にアジとオビを楽しんでいます。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

2008年11月18日付
dogmark.netへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター