ダブルでした

昨日、ハヤテの血統証明書が届きました。
実は、ハヤテは、私が何年も前から
ずっと好きだったボーダーコリーの孫にあたります。
そのオスのボーダーコリーを初めて見たのは、
我が家のカーラが1、2歳の頃だったと思います。
とあるブリーダー宅でパフォーマンスを見せていただき、
もう一目惚れでした。
当時は体の動き云々は正直言って
よく分かりませんでしたが、
何が衝撃的だったかって、それはずばり
その身のこなしや気質です。
自らの気配を消して周囲をすばやく見きわめ、
自分の置かれた状況を冷静に判断して
姿勢を低くして、コマンドに忠実に動く…
もちろん、訪問者に対して、
ワンワンなんて吠えません(苦笑)。
ハンドラーに全神経を集中しています。
ああ、これがボーダーコリー本来の姿なのかなぁ
なんて感動しながら見ておりました。
あれから、8年以上が経ち、
縁あって、そのボーダーコリーの孫のハヤテを
我が家で迎えることになりました。

折りしも、そのボーダーコリーが天寿を全うした
との話を聞いていたので、
ハヤテの繁殖元から
「呼び名が決まったら教えてください。
 それを血統名に付けますので。」
と言われていたのですが、
我が家での呼び名ではなく、
私の大好きだったそのボーダーにあやかって、
祖父ボーダーコリーと同じ血統名を
つけていただくことにしました。

ということで、届いたハヤテの血統証明書には、
祖父と同じ名前が付いています。
で、ふと内容を見まわしてみて、びっくり!
母方のみならず、なんと、
父方の曽祖父にもそのボーダーコリーの血が入っていました。
バリバリのインブリードですね(苦笑)。
そっかぁ…ハヤテは「ダブルS」だったんです!

ハヤテには、毎日耳元で、
「じいちゃんに似たボーダーコリーに育てよ」
と囁いています(笑)。
「あ、父方ではなく母方のね(苦笑)」
と付け加えておりましたが、今度から
「父方だったら、曽祖父に似ようね」
と言う事にします(笑)。

ところが…当のハヤテときたら、
ちょっとしたことで大げさにキャンキャン言うし、
何かというとブツブツおしゃべりが過ぎるし(苦笑)、
うーん、なんとも祖父ちゃんには
程遠いボーダーコリーになりそうです(汗)。
祖父ちゃんは、寡黙なオトコだったんだよ!
おかしいなぁ、ダブルSなのに…(涙)。

最近は、おもちゃを独り占めしたり
おもちゃひとりじめ
しかもカーラちゃんのベッドで。
ソファの背もたれに乗って家中監視したり
ソファのり350
その他にも、まあ、子犬がやらかす
数々の悪行を繰り広げております(苦笑)。
でも、その行動を見ていると、
「ああ、頭は悪くないんだな…」
ということは分かりますので、
ちょっとだけほっとしています(爆)。

身体能力はともかく、頭が悪かったら、
ボーダーコリーを飼う意味ないもんねっ。
ワタシをがっかりさせないよーに、
ハヤテ、がんばれヨ!!(苦笑)
スポンサーサイト
プロフィール

すーちゃん

Author:すーちゃん
さまざまな経験を経て、愛犬ボーダーコリーの股関節疾患(?)騒動が、犬のボディケアサロン犬護舎開院(埼玉県)のきっかけとなりました。愛犬は、15歳のボーダーコリーCHARAと12歳のクリームヒーラー(?ホントはMIX・笑)HAL9000です。白黒ボーダーHAYATEについては下記をご覧ください。新入りはMプードルのHUEHUE3歳、一緒にアジとオビを楽しんでいます。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

2008年11月18日付
dogmark.netへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター