恩師の死

今朝久しぶりとなる後輩から電話があり、
いやな予感が的中、
それは恩師の死を知らせる電話でした。

68歳、教授として在職中の死です。
ご自宅で就寝中の突然死だそうです。

私は、大学~大学院、その後の研究室在籍中に、
その先生から
学術研究の道で多大なる指導をいただきました。
先生から教えていただいたことは
あまりにも大きすぎて、
若い私には受け止めるだけが精一杯で、
自分が先生の期待に応えられているのかどうか、
いつもいつも自分を省みる日々でした。
周囲の研究者からは羨望の眼差しで
「愛弟子」と呼ばれていたにもかかわらず、
私は諸事情から研究の道を断念、
その後は先生に申し訳ない気持ちでいっぱいで、
お会いすることもできませんでした。
先生は何も言いませんでしたが、
毎年必ず年賀状をくださいました。
私は、いつか、研究に代わる自分の道ができたときに、
きちんと先生に報告に行こうと思いながらも、
年賀状のお返事も出せずにいました。
時折、先生から学んだことを思い出しては、
これでいいのか?今自分は真実を見極めているか?
と自問自答を繰り返していました。

つい先日、関西に出張した帰りに、
先生のご自宅のすぐ近くを車で通りかかりました。
そのときに、今年もいただいた年賀状のお返事として、
先生に今の私を報告しようと決心しました。
「人間の治療院にたずさわりながら、
 犬のケアという分野でがんばっています。
 まだ混沌としている犬のケアの世界で、
 自分なりに成し遂げられる一筋の光を見つけました。
 あの頃の研究活動で学んだものを
 この世界で活かしていきます。」
やっと先生に胸を張って報告できる!
そんな矢先の訃報でした。

もう少し早く、
出張から帰ってきてすぐに
先生に会いに行っていたなら…。
自分の行動が遅かったことに、
今とても後悔しています。
思ったことはすぐに行動しないとダメなんですね。

あの偉大なる頭脳は、先生の肉体の死を迎え、
どうなってしまうんでしょう。
先生の頭脳を継ぐ人はいるのでしょうか…。
私は同じ分野では継ぐことができませんでしたが、
でも、今の仕事を通じて、
なるべく多くのウチダマインドを
私なりに実現して行こうと思います。

微笑みながら、
「ボクは、もう後進に道を譲ろうと思います」
そんな風に言っている先生の姿が浮かびます。
でも、本当はもっともっと
私たちの先を走っていていただきたかったです。
涙が止まりません。

心から先生のご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

風邪が…

治りません(涙)。
昨年12月の中旬に右膝を痛め、
それがいい感じ♪となった年末に
大風邪を引いて年末年始寝込み、
何とか仕事に復帰したものの、
なかなか風邪が治りません。
アジ練にも犬たちのイベントにも
まったく参加できず……
カラハル、ごめんよぉぉぉ!!
免疫力が低下しているのか、
はたまたさまざまなストレスのせいか、
それとも…悪い病気か…??(苦笑)
あ、子犬パワーにヤラれている
というのもあるかもしれませんね(笑)。

先週末、大荒れの関西地方に出張に行き、
吹雪の中遭難しそうになり焦りましたが
なんとか無事に帰って来られました(苦笑)。
(名神-東名では事故をたくさん見ました!)
しかしながら、帰宅してからも寝込んだりしていて、
体調がイマイチです(涙)。

そういえば、出張報告もずーっと記事にできていません。
スタッフが少ない出張では、
写真を撮るのも忘れてしまっています(汗)。

そうそう、本院の工事が遅れております。
住みながらの増改築だってことは、
初めから織り込み済みのハズですよ、工務店さん~(苦笑)。
という訳で、当初2月に再開できるはずだった
犬護舎本院の稼動は大幅にずれ込みそうです、
ビジターの皆さん、すみませんっm(_ _)m。
犬護舎会員さんにはこれ以上お待ちいただくのは
申し訳ないので、
現在急遽対策を考えております。
2月初旬には会員向けメニューは
通常通り稼動できるよう、
鋭意努力中ですので、
もうしばらくお待ちくださいませ。

ダブルでした

昨日、ハヤテの血統証明書が届きました。
実は、ハヤテは、私が何年も前から
ずっと好きだったボーダーコリーの孫にあたります。
そのオスのボーダーコリーを初めて見たのは、
我が家のカーラが1、2歳の頃だったと思います。
とあるブリーダー宅でパフォーマンスを見せていただき、
もう一目惚れでした。
当時は体の動き云々は正直言って
よく分かりませんでしたが、
何が衝撃的だったかって、それはずばり
その身のこなしや気質です。
自らの気配を消して周囲をすばやく見きわめ、
自分の置かれた状況を冷静に判断して
姿勢を低くして、コマンドに忠実に動く…
もちろん、訪問者に対して、
ワンワンなんて吠えません(苦笑)。
ハンドラーに全神経を集中しています。
ああ、これがボーダーコリー本来の姿なのかなぁ
なんて感動しながら見ておりました。
あれから、8年以上が経ち、
縁あって、そのボーダーコリーの孫のハヤテを
我が家で迎えることになりました。

折りしも、そのボーダーコリーが天寿を全うした
との話を聞いていたので、
ハヤテの繁殖元から
「呼び名が決まったら教えてください。
 それを血統名に付けますので。」
と言われていたのですが、
我が家での呼び名ではなく、
私の大好きだったそのボーダーにあやかって、
祖父ボーダーコリーと同じ血統名を
つけていただくことにしました。

ということで、届いたハヤテの血統証明書には、
祖父と同じ名前が付いています。
で、ふと内容を見まわしてみて、びっくり!
母方のみならず、なんと、
父方の曽祖父にもそのボーダーコリーの血が入っていました。
バリバリのインブリードですね(苦笑)。
そっかぁ…ハヤテは「ダブルS」だったんです!

ハヤテには、毎日耳元で、
「じいちゃんに似たボーダーコリーに育てよ」
と囁いています(笑)。
「あ、父方ではなく母方のね(苦笑)」
と付け加えておりましたが、今度から
「父方だったら、曽祖父に似ようね」
と言う事にします(笑)。

ところが…当のハヤテときたら、
ちょっとしたことで大げさにキャンキャン言うし、
何かというとブツブツおしゃべりが過ぎるし(苦笑)、
うーん、なんとも祖父ちゃんには
程遠いボーダーコリーになりそうです(汗)。
祖父ちゃんは、寡黙なオトコだったんだよ!
おかしいなぁ、ダブルSなのに…(涙)。

最近は、おもちゃを独り占めしたり
おもちゃひとりじめ
しかもカーラちゃんのベッドで。
ソファの背もたれに乗って家中監視したり
ソファのり350
その他にも、まあ、子犬がやらかす
数々の悪行を繰り広げております(苦笑)。
でも、その行動を見ていると、
「ああ、頭は悪くないんだな…」
ということは分かりますので、
ちょっとだけほっとしています(爆)。

身体能力はともかく、頭が悪かったら、
ボーダーコリーを飼う意味ないもんねっ。
ワタシをがっかりさせないよーに、
ハヤテ、がんばれヨ!!(苦笑)

ハヤテアルバム3

ハヤテ、おかげさまで、とても大きくなりました。
1.7kgで我が家に来て丸1か月、
2回目のワクチンを打ちに行ったら、
なんと5kg超え……(苦笑)。
抱っこで重たいはずだわ(笑)。

ソファにも楽々飛び乗れるようになってしまいました。
カーラやハルが乗っているのを見て、
自分もどうしても乗りたかったようで、
乗れて至極満足のご様子です(苦笑)。
カーラとソファで
ハヤテ用に買った小さなバリケンは
もうパツパツになってしまったので、
とりあえずハルの車用のバリを拝借中です。
隣り合わせバリケン
体がどのくらいの大きさになるか判明したら
ハヤテ用のおNEWバリケンを買おうと思います。
カーラとおもちゃのとりっこ
カーラとは相変わらず、激しくおもちゃの
とりっこを毎日繰り広げています(笑)。
お互いに相手が銜えているおもちゃが
魅力的に見えるようですね(苦笑)。
3頭
今はハヤテの行動制限をしているため、
家中柵だらけです(苦笑)。
そのおかげで、人間も姉たちも
とても不自由な生活を強いられています。
ハヤテアップ2
携帯カメラで撮っているため、
どうしても子犬の動きについていけません(苦笑)。
なんとか見られる程度のハヤテ近景です。
少しだけボーダーコリーっぽくなって
来たような…(笑)。

ハンドラーケアも重要です

昨年12月に人間の治療院にて行った
犬護舎「院長の日」ですが、
せっかく人間の治療院内で開催するのだから、と、
我が社の専門である人間の治療・ケアも
ワンコと同時に受付をしました。
初の試みです!

構成スタッフと担当は、
 院長 : ワンコと人間と両方
 モッチ先生 : 人間
 本院・分院犬護舎スタッフ : ワンコ
てな感じでご予約を組んでみました。

犬護舎にご縁のある方で、
人間の治療院にお越しいただいている方も
大勢いらっしゃるのですが、
試しに「人間もやってもらおうかな…」
というお気持ちでご予約いただいた飼い主さんも
多数いらっしゃったと思います。
肩こりや腰痛で悩んでいる方もいらっしゃれば、
首凝りと頭痛に困っている方、
肩・膝・足首などに怪我をしている方、
もっと速く走りたい!と上を目指す方
いろいろな方がいらっしゃいました。
いつも元気に犬たちと走り回っている姿を
拝見していたので、
「そっか、皆さん、ホントは辛いんだ……」
と改めて実感しました(苦笑)。
という訳で、いやはや、
日ごろからワンコケアには熱心な皆さんですが、
院長思わず
 こりゃ、お母さんの方がひどいですよ!
とお体を拝見して連呼しておりました(苦笑)。
ワンコたちにはお金をかけるけれども、
人間は後回し……どこのご家庭も一緒ですね(笑)。

そんな皆さんから、年末年始のご挨拶とともに、
嬉しいご報告が次々と集まって来ました。
信じられないくらい体が楽になりました
腕が真上まで上がるようになりました
年始にクラブ競技会で走ってみたら、
 超~速く走れて、ホントびっくりです

体の軽さに驚きましたが、
 2~3日しかもたなかったのが悔しいデス

痛んでいた足首や膝が痛くなくなりました
皆さんからのご報告は、
全部ちゃんと院長に報告しましたヨ!!
院長は、それを聞いて
「だ・か・ら~、ボクの専門は人間なんだってば!」
と息巻いております(笑)。
こういうご報告をいただけると
本当に嬉しくなります!

ワタクシ、日ごろから皆さんの動きを拝見していて、
「もう少し速く体が動かせるはずなのになぁ…、
 もったいないなぁ!」
と密かに思うことが、実は非常に多いのですが、
それは、主要関節の稼動が悪かったり、
体のバランスが悪くて体重移動に時間がかかったりする
ことに由来するケースが多いのですね。
もともと運動神経はそんなに悪くない…という方の場合、
そんな体の部分をチョコチョコっと整えるだけで、
驚くくらい体がすばやく動くようになるんです。
でも、さすがのワタクシも、
そんな方々に面と向かって
「体を整えたらもっとパフォーマンスが上がりますよ」
とは言えないので(苦笑)、
必要だと思う方がいらっしゃれば…ということで、
こういう記事で皆さんにお伝えしている訳です。

年々ヒトも歳をとります(笑)。
ワンコケアが一段落したら、
ぜひ一度はハンドラーケアもしてみてはいかがでしょうか?
チーム犬護舎はあなた(人間)のパフォーマンス向上の
お手伝いもバッチリ★承ります!
ってか、本当はこちらが専門なんですよね(苦笑)。

解体その後

犬護舎本院の我が家の敷地ですが、
昨年クリスマス前に
こーんな感じで終了しました。
ガランとしていて、
風がいつもよりも強く吹きぬけます。
うー~さぶっ!!(苦笑)
解体後宅地


知り合いの方にお願いしていた
ハードルなんぞを早速置いてみましたが、
やっぱり案外敷地が狭くて、
そんなにたくさんは置けない様子です。
こりゃ、登りモノは無理かもな…(苦笑)。

解体してみて難点が発覚しました。
それは敷地の水はけの悪さです。
これまでは、雨は、
そのほとんどが家屋の「屋根」に
降り注いでおりましたので、
雨どいを通って下水に流れていました。
ところが、現在は、モロ地面に降り注ぎます。
一度雨が降ると、
中央部の水溜りが4~5日消えません。
こりゃこまった……!
快適に犬たちを遊ばせるためには、
敷地の排水を考えた整備が
早急に必要になりそうです。
またまたお金のかかることで……(苦笑)。

ここで凶報(?)です。
現在見えている家屋が新犬護舎本院となるのですが、
敷地奥に増築する予定の我が家の建設工事が
予定よりも遅れています。
もともと工期が非常に短い工法なので、
1か月もあれば完成するとのことですが、
年が明けても未だに基礎工事に着手できないので、
完成は2月下旬くらいになりそうです。
でも、おまちの皆さんもいらっしゃるので、
2月に入ったら、何とか犬護舎は
稼動させたいと思っていますが、
うーん、どうなることやら…(汗)。

謹賀新年

2011年 明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします
m(_ _)m。

年末年始休暇をいただき、
新年は今日から仕事がスタートです。
年末にいただいた各種お問い合わせ等
順次処理していきますので、
今しばらくお待ちくださいませ。

仕事納めの29日から体調を崩し、
年末年始は高熱を出して
寝込んでおりました、ワタクシ(汗)。
あっという間の5日間でした(苦笑)。
まだ体調イマイチですが、
がんばります(笑)。

余談ですが…年末に犬護舎の古くからの会員さんより
手作りの「ワンコおせち」が
クール宅急便で届きました!
わおぉっ!! すごい!
運搬途中で中身が崩れてしまったので、
我が家で盛りなおして……
ワンコおせち350
おいしそう~(笑)
もちろん、うちのヤツらは、
ハヤテも含めてガツガツいただきました(苦笑)。
おせちを食べる図350
Aちゃん、ありがとうごじゃりまする~m(_ _)m。

最近のハヤテは、眠くなると、
自分からバリケンに入って寝ております。
まあまあ、お利口ですね(苦笑)。
さらに、「No」は理解してきました。
顔色見て、いたずらを止めます(苦笑)。
トイレもほぼ1つで「はみ出し」をのぞけば
オッケーな状態です。
バリケンから出すたびに体が大きくなっていて、
もう本当に驚きです(笑)。
そして、新年、ハヤテはスムースコートかもしれない…
という疑念が新たに浮上!(苦笑)
どうする、どうなるっ?!(笑)
ワタクシ、ラフコートの方が好きなのですが、
まあ、こうなったら、どっちでもいいや…(苦笑)。
プロフィール

すーちゃん

Author:すーちゃん
さまざまな経験を経て、愛犬ボーダーコリーの股関節疾患(?)騒動が、犬のボディケアサロン犬護舎開院(埼玉県)のきっかけとなりました。愛犬は、15歳のボーダーコリーCHARAと12歳のクリームヒーラー(?ホントはMIX・笑)HAL9000です。白黒ボーダーHAYATEについては下記をご覧ください。新入りはMプードルのHUEHUE3歳、一緒にアジとオビを楽しんでいます。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

2008年11月18日付
dogmark.netへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2011年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター