来院犬紹介シリーズ6

IPO日本代表選出後に、障害飛越を躊躇したり足を引っかける等パフォーマンスの低下が目立って来たとご相談を受けました。来院するGシェパードの中でもトップクラスの体の硬さに、「世界大会に間に合うかっ?」と少々焦りましたが、ハンドラーとの二人三脚で現在集中してケアに取り組んでいます。
姿の美しさからは想像できないほどの力強い作業をするとのこと、世界の舞台でも暴れて来てくださいね。
baldo.jpg
スポンサーサイト

来院犬紹介シリーズ5

足を上げたり跛行が気になると、6歳の時に初来院。全身の硬直が著しく、股関節の可動域が極端に狭かったことからX線写真を拝見したところ、既に骨の変形が始まっていました。「足に負担がかからない範囲で一緒に楽しめるものをできれば続けたい」という飼い主さんの切実な思いもあって、取り組んでいた競技を1つに絞り、飼い主さんご自身によるセルフケアも含めると、練習の倍以上の時間をケアに費やして来ました。現在は当院でケア技術を学んだ修了生がケアを担当。その結果、症状を悪化させることもなく、年々パフォーマンスも上がり、なんと、11歳にしてエクストリームの予選を勝ち抜き、全国決勝へ! そして、12歳の今年、M嬢史上もっとも速いタイムを記録し続けています。継続は力なり。飼い主さんの努力と深い愛情に脱帽です。
まな

来院犬紹介シリーズ4

一昨年のIPO日本代表に引き続き、今年も日の丸を背負うことになりました。4年前、神経疾患の疑いで競技を棄権、引退を覚悟していた頃に来院されてからのお付き合いです。ハードな動きにも負けない体をケアで維持し、シニアに差し掛かった今も元気に訓練に励んでの代表獲得、本当に、本当に嬉しいです! 体の仕上がり具合を見ながら、日頃の体力づくりの方法や食の内容についても、アドバイスをさせていただいています。「ちびっこS」と揶揄されるくらい小柄なオスではありますが、志と作業はとびっきり大きく! 世界の舞台を楽しんで来てください!
seven02.jpg

来院犬紹介シリーズ3

家庭犬、アクティブな飼い主さんと日々さまざまなことを楽しんでいます。10歳を過ぎて足にできた腫瘍の摘出手術を行い、その後も後肢のふらつきが気になっていたとのこと。以前からマッサージなども試みていたそうですが、当院のケアが症状改善には合っているとのことです。現在は、獣医師による鍼治療と腱を緩めるケアの合わせ技を実践。特に、ケアを行った翌日の鍼治療は相乗効果で効果抜群とのこと。いつまでも若々しくいてください。
マックス

来院犬紹介シリーズ2

生後10か月でアメリカからやって来てすぐからのお付き合い。構成の美しさとバネのある体の動きは天賦の才能です。それを崩さないように、成長期も成熟期もコンスタントにケアに取り組んで来ました。そして、昨年、見事にフリスビー世界大会のペアフリー競技で世界一に! 
今年ももちろん世界の頂点を狙います。急逝した初代ハンドラーのママさんもきっと天国から見守っていますね。

cody.jpg
プロフィール

すーちゃん

Author:すーちゃん
さまざまな経験を経て、愛犬ボーダーコリーの股関節疾患(?)騒動が、犬のボディケアサロン犬護舎開院(埼玉県)のきっかけとなりました。ボーダーコリーCHARAとクリームヒーラー(?ホントはMIX・笑)HAL9000はお星さまになりました。白黒ボーダーHAYATEについては下記をご覧ください。現在は、MプードルのHUEHUE5歳と一緒にアジリティと服従訓練競技を楽しんでいます。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

2008年11月18日付
dogmark.netへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター