ご案内

◆2015年3月の開院日はコチラです。
 新規の方の受け入れも再開しています。


◆飼い主さん向けセルフケア講座の再開は、
 2015年4月以降になります。
 お待ちいただいている方、大変申し訳ありません。
 ご興味のある方は、コチラをご覧ください。
 11/24に行われた第2回講座の様子はこんな感じです。


◆ドッグボディケアのプロを養成する技術者養成講座
 2015年3月に、第2回が終了しました。
 第2回の様子は、コチラをご覧ください。
 次回は、2015年秋ごろを予定しています。

more...

スポンサーサイト

第2回プロ養成講座が終了しました

2015年3月1日、かねてからプロになるべく
技術者養成講座を受講していた5人の方が、
晴れて全課程を修了いたしました。
1名の方は諸事情から、追って補講により、
皆さんに追いつく予定です。

今回の受講生は、全員、バリバリのプロ志望で、
明確に目標をもって授業に臨んでおり、
教える側としても、思わず力が入りました!
いいですね、この緊張感~(笑)。

自前のテキスト準備
授業の準備もいろいろと大変です。
当講座では、既存の書籍を副読本としながら、
他にはない、これまでの犬護舎でのケアの
ノウハウをぎっしりつめ込んだ
オリジナルテキストを作成しています。
ということで、毎回、何時間もコンビニで
コピーをしまくります(苦笑)。

動画解析
これは、歩様(動画)を見ながら、
体のどの部位が使えていないのかを
読み取る授業(「映像解析・動画」)です。
前のステップとして、
「映像解析・静止画」 を勉強していたとはいえ、
受講生の鋭い指摘に講師陣はびっくりでした。
“見る目”を育てていけば、
競技会の会場や様々なスポーツの動画を見て、
体のコンディションを推測することが可能になります。
その場でお座りをしてもらったり、歩く様子を見て、
ある程度の状態を把握することもできるようになります。
これは、結果の出せるケアをしていくために、
非常に有効な「材料」となります。

実技
実技授業ライト
実技授業トニ
実技の授業では、受講生の愛犬をモデルに、
部位ごとに有効なケアポイントのケアの仕方を
学んでいきます。
ここで生きてくるのが、座学で学んだ「解剖学」です。
正確なポイントを見極めるために、
「ハイ、専門用語を使って、答えてください!」
という講師陣の執拗な要望に(苦笑)、
当初、しどろもどろだった受講生の皆さんも、
修了間近には、スラスラと部位の名前と位置が
答えられるようになりました(!)。
スバラシ~!!(笑)

臨床実技フェイス情報
後半の授業は、実際にプロとして
仕事をしてくために、
必要な要素をさまざまな形で学びます。
特に重要なのが、飼い主さんの「主訴」です。
主訴に応えられる結果が出せるか、
自分の見立てと主訴のすり合わせはできるか、
ケア計画を組み立てるためには、
どのような要素に配慮していくべきなのか…。
奥の深い、難しい問題です。
ケアをしていくという行為に、
基本的に「間違い」はありません。
体はつながっていますので、
どの部位のケアから取り組んだとしても、
症状を改善させるまでの道のりが、
短いか長いかが異なるだけでともいえます。
しかしながら、だからこそ、
短期間で結果が出せるかどうかが、
その技術者の腕の見せ所、となる訳です。

修了証授与
最終日、一般公募で来院してくれたモデル犬の
ケアをした後に、講師陣から講評を行います。
受講生の皆さん各々の、
 飼い主さんへの説明の仕方、
 施術ポイントの絞り方と実際のケア、
 飼い主さんへの日常生活などのアドバイス、
 そして、ケアの結果
について、良かった点、悪かった点を
指摘しながら、皆で体験を共有します。
講師陣からは、ちょっと厳しめの、
辛口コメントも飛び出しますが、
ぜひ、今後の参考にしていただければ…という
親心と思って、どうぞ、ご容赦ください(笑)。
そして、7日間のプロ養成講座は
無事に修了となりました。

受講生の皆さん、本当にお疲れさまでした!
しかしながら、毎回申し上げておりますが、
講座の修了は、長いプロとしての、
ケアの道のりのスタートでもあります。
皆さんは、これから、常に知識を広げ、
技術を磨いていかなければならないという、
長く厳しい道を選択してしまいました!
でも、私たちには同じ道を志す仲間がいます。
これからも、切磋琢磨しながら、
多くの犬たちの体を楽にしてあげられるよう、
頑張っていきましょう~!!
修了後の室内

2015年3月の開院日

ドッグスポーツシーズンも後半戦に入りました。
3月、4月、5月、6月に、
これまでの練習が「結果」に結びつくように、
ぜひ、犬たちの体調も整えましょう~!!

その他にも…
ウチのワンコの体って、この競技に向いているの?
特に問題ないけれども、今のコンディションでOK?
どんな点に気を付ければ怪我が減らせる??
ぶっちゃけ、うちの犬の体のバランスって、
 平均よりも良い、悪い???
など日頃から気になっていることについても、
豊富なアスリートドッグのケア経験から、
ズバリ、お答えします。
ぜひ、ご相談にいらしてください。

3月06日(金) 09:00~12:00
3月07日(土) 09:00~12:00 15:00~20:00
3月13日(金) 09:00~12:00 15:00~20:00
3月17日(火) 09:00~12:00 15:00~20:00
3月21日(土) 09:00~12:00 15:00~20:00
3月22日(日) 09:00~12:00 15:00~20:00
3月29日(日) 09:00~12:00 15:00~20:00 ※

施術時間は、1頭約30分、料金は4000円です。
※の日のみ、人間のケアもお受けできます。
新規の方も受付しております。
犬護舎駐車場の工事の関係上、
月~土曜日の開院時には、
多少音がでる可能性があります。
ご承知おきくださいませm(_ _)m。
上記以外の日程でもお受けできる可能性もあります。
ご相談くださいませ。

予約電話番号:090 !(^^)! 9679 (*^^*) 9711
(顔文字を除いた番号におかけください)

モデル犬 大大大募集~!

2015年1月30日現在、ご予約は終了となりました。
ありがとうございましたm(_ _)m


********************************

犬護舎流ドッグボディケアの技術向上のため、
ドッグボディケアを受けてくれるモデル犬を
下記の要領で募集いたします。

現在、犬のボディケアを勉強中の練習生が
これまで学んだボディケアを担当させていただきます。
試しにドッグボディケアとやらを受けてみたいという方、
今後犬のボディケアを学びたいな…と考えている方、
普段からケアを受けてマスよ!というワンコさんも
もちろん大歓迎です!


募集:技術者養成講座演習のモデル犬
日時:2015年3月1日(日)
   10:30~ 2頭
   11:30~ 2頭
   14:00~ 2頭  
ケア時間はカウンセリング・講評なども含めて
約1時間です。
犬護舎スタッフによるアドバイスなども含まれます。
料金:1頭2000円(当日お支払いください)
場所:犬護舎本院
   (場所の詳細はリンクの交通案内をご覧ください)

お申し込み方法:
inu_go_ya(アットマーク)yahoo.co.jp
にメールでお申し込みください。
メール件名「モデル犬応募」
送信内容
 1)飼い主さんのお名前とご連絡電話番号
 2)モデル犬の犬種、性別、年齢
 3)ご希望の時間
 5)来院の目的を具体的に書いてください
   例えば…
   高齢になってふらつくようになってきたのでケアしたい
   スポーツをやっているのでパフォーマンスを上げたい
   原因不明の足上げがある
   最近スタミナがなくなってきた
   疲れ気味なので全身リラックスさせてあげたい などなど

先着順となります。
ご不明な点、ご質問などがあれば、
お電話でお問い合わせください。
090-9679-9711

皆さまのご応募をお待ちしておりますm(_ _)m。

第2回セルフケア講座 終了!

去る11月24日(月・祝日)に、
第2回セルフケア講座を開催しました。
足繁く犬護舎に通ってくださっている飼い主さん、
初めましての飼い主さんをとりまぜて、
遠くは兵庫県からのご参加もいただきました。
皆さん、お越しいただきまして、
ありがとうございました!

リニューアル&グレードアップした
セルフケア講座も2回目とあって、
時間配分や進行などもスムーズでした。
当日のスケジュールはこんな感じです。
10:00~ 座学
        ボディケアの汎用性と可能性
        ドッグボディケアの種類
        腱のケアの特長
        理解しておくべき解剖学の基礎
        肥厚が起こりやすいカラダの部位
12:00~ 昼休み
13:00~ 実技
        マッサージの手技と腱のケアの違い
        腱のケアの基本
        人間の体を使って実践&実感
        モデル犬でケアを実践
        愛犬の個別ケアアドバイス

今回の参加者の皆さんは、
かなり積極的な方も多く、
午前の座学の講義中にも質問がバンバン出されました。
また、その質問の内容が、なかなか鋭い!!!(笑)
日頃から愛犬の体のことについて、
真剣にあれこれ考え、感じている様子がよく分かり、
講義する側にも力が入りました!
第2回風景06ぼかし

午後の実技では、いつものように、
2人1組になり、人間の体を使って、基本を学びました。
施術時間がほんの5分程度でも、
ケア後に皆さんから、
「あー、全然違う!」「凄い、軽くなった!!」
などの感想が飛び出しておりました。
そうです、腱のケアは、基本さえしっかりつかめば、
必ず結果は出せるのですっ!(笑)
第2回風景04ぼかし
自分の体で実感してみると、
これから愛犬の体に実践してみようとするケアが、
どんな風に効果を上げるのか、
よく分かっていただけると思います。
第2回風景02ぼかしh
第2回風景01
そんなこんなで大いに会場は盛り上がり、
あっという間の1日でした。

次回は、12月21日(日)です。
まだお席に余裕がありますので、
ぜひ自分で愛犬にケアをしたいという方は、
どうぞ、ご検討くださいませm(_ _)m。
プロフィール

すーちゃん

Author:すーちゃん
さまざまな経験を経て、現在は治療院グループにて、人間の患者さんの施術以外のほぼすべてを担当中。愛犬ボーダーコリーの股関節疾患(?)騒動が、犬のボディケアサロン犬護舎開院(埼玉県)のきっかけとなりました。愛犬は、14歳のボーダーコリーCHARAと11歳のクリームヒーラー(?ホントはMIX・笑)HAL9000です。白黒ボーダーHAYATEについては下記をご覧ください。新入りはMプードルのHUEHUE、一緒にアジとオビを楽しんでいます。

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ

2008年11月18日付
dogmark.netへ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2015年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
FC2カウンター